ログイン
HOME  » ZEHについて

ZEHについて

ZEHとは?

「ZEH」をご存じですか?

ZEHとは、ネット・ゼロ・エネルギーハウスのことを言います。

住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、太陽光発電などでエネルギーを創る事により、年間の一次消費エネルギー量の収支をプラスマイナス『ゼロ』にする住宅を指します。

賢く使うためにHEMS(ヘムス:ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)を利用するのが特徴です。


つまり

省エネ → エネルギー自立 

エネルギー消費量を減らすだけなら、省エネですが、
エネルギー消費量を減らして、エネルギー供給量を増やすことで、エネルギー自立が可能になります。

 

ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、

住宅の高断熱化高効率設備により、 快適な室内環境と大幅な省エネルギーを同時に実現した上で、
太陽光発電等によってエネルギーを創り
年間に消費する正味(ネット)のエネルギー量が概ねゼロとする住宅です。

ZEHの説明

ZEHのイメージ

ZEHのイメージ

ネットゼロエネルギーハウスに補助金が出ることをご存じですか?

昨年度は、補助金採択が約7,000棟ありました。
本年度は、それを上回る棟数が予定されています。

【ZEH補助金額は?】
1戸当たり、125万円(定額)

【蓄電池の補助金額は?】
補助対象として採択されるZEHに蓄電システムを導入する場合には、
上記に 蓄電容量1kWhあたり5万円
(上限:50万円または蓄電システムの価格の1/3のいずれか低い金額)が加算されます。
 

【ZEH補要件について】

以下の用件をすべて満たすことがZEHを補助対象となります。
①強化外皮基準に適合すること
②太陽光発電を除く設計一次エネルギー消費量が、基準一次エネルギー消費量に対して20%以上削減されていること。
③太陽光発電を含む設計一次エネルギー消費量が、基準一次エネルギー消費量に対して100%以上削減さていること。
④登録されたZEHビルダーが設計・HEMSを導入すること
⑤要件に適合した設備・HEMS導入すること
※太陽光発電による創エネルギー分については、余剰買取方式の場合に限り、売電分も認めます。
 (全量買取は補助対象外) 

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業のまとめ

①補助金を申請する住宅は
 登録したZEHビルダーが設計、建築または販売を行う住宅であること
②補助額は、定額125万円
 「寒冷地特別仕様」は、定額150万円
③申請者および補助対象者はエンドユーザー
④申請後の申請者・手続き代行者の変更は原則不可
 交付決定後の計画変更は不可
⑤新築住宅は、交付決定後の着手が条件
 新築建売は事業期間内の引き渡し、居住が条件
 賃貸住宅・集合住宅は対象外
性能・設備は要件を満たす必要あり(公募要領参照)
⑦一次エネルギー削減率・断熱性能を審査し、評価が高いものより優先して採択

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)に関するQ&A

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)にするためにはどうすればいいのですか?
経済産業省では、「2020年までにハウスメーカー等の建築する注文戸建住宅の過半数でZEHを 実現すること」を目標とし、普及に向けた取り組みをおこなっています。

どうすればいいかについては、専門家にお尋ねください。
ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の説明はどこで確認できますか?
詳しい概要は、下記のページ(経済産業省)でご確認いただけます。
http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/zeh/

補助金申請できるのは、2020年まで。
これから本格的に始まるので、今が先取りのチャンスです!

ZEH実績報告及び年度毎の普及率目標数値

施工事例

イベント情報


家造りで失敗しない人のマメ知識

お見積り・お問合せ

店長のあいさつ

Google+で共有 Facebookで共有 twitterで共有