ログイン
HOME  » 当社の建物ここが違う!! Office.Nの住宅の標準仕様

当社の建物ここが違う!! Office.Nの住宅の標準仕様

住宅瑕疵担保責任保険 まもりすまい保険

まもりすまい保険の瑕疵担保保険を10年つけて補償します!
「まもりすまい保険」について詳しくはこちらのページをご覧ください。
「住宅瑕疵担保責任保険 まもりすまい保険」

耐震等級3


熊本地震で震度6強が2回あっても倒壊せず住むことができた住宅が耐震等級3です。

現在、耐震等級3が一番地震に強いという事になります。

地盤保証付き住宅20年


あなたは、地盤を知らないで家を建てられますか?

私たちは軟弱地盤や強さに偏りのある地盤に建物をたてて不動沈下を引き起こし住宅が損壊しないためにもジャパンホームシールドの地盤サポートシステムで地盤を知り、強固な地盤に変えて品質を提供します。
Office.Nはジャパンホームシールド登録事業所です。
登録NO.45394
ジャパンホームシールドの「地盤サポートシステム®」について、くわしくは下記のページをご覧ください。
ジャパンホームシールドの地盤サポートシステム®について」

全棟、構造計算書を標準仕様

構造計算書とは、マンション等を建築する際の確認申請で必要になる計算書類のことで、地震等の外部からの力に対して建物がどれだけ耐えられるかがわかります。マンションを建築するときに構造計算書を付けるのはよくありますが、一般の住宅で構造計算書をつけるのは当社が地震に対して 自信 のある証拠です。構造計算書は、建築のプロである1級建築士のなかでも、構造を専門としている人でなければチェックするのが難しく、インスペクション資格を持つ人でなければ言われています。私は、インスペクション資格を持っていますので、お客様には是非構造計算書をしっかりと見てチェックして下さい。お客様の家の履歴書と思って頂ければ幸いです。

自然素材にこだわります!

漆喰や自然塗料で天然素材の暮らしを楽しみませんか?


カルクウォールとカルクファサードをお勧めしています。
これは日本産じゃないの?って素朴な疑問が聞こえてきそうですが、残念ながら漆喰はスイスの方が発展しています。
池田コーポレーションのスイス漆喰は、世界で始めて「呼吸する住宅」を提唱したスイスウォール社が中世の漆喰そのものを、当時の成分そのままに今も製造する本物の天然100%の本漆喰です。古くは4000年前からヨーロッパで使われ続けてきた漆喰はもう現在ではほとんど残っていないのです。現在使われる「漆喰」とは、化学物質や添加剤·砂を大量に加えた、いわゆる“石灰モルタル”が主流となり、本来の「本漆喰」とは別物なのです。 スイス漆喰は、水分の蒸発と大気中の二酸化酸素を吸収することで、元の石灰(大理石と同じ炭酸カルシウム)に戻っていきます。つまり元の石に戻るわけです。1トンの漆喰は乾燥のプロセスで600kgもの二酸化炭素を吸着し元の石灰石へと還っていくのです。つまりスイス漆喰は住宅に100年の耐久性があるのも道理です。 漆喰のもつ“力”だけを利用した、外壁にもお使い頂ける高い硬化性が産まれるのです。
自然健康塗料はリボスの天然自然塗料は100パーセントの成分を表示のため安心·安全!
おもちゃの塗料として使用される安全性で日本における安全基準では、国土国交通省認定のF☆☆☆☆を取得しています。

シロアリ駆除は炭!安心の「ヘルスコ・キュアー」


シロアリ駆除に薬剤を使うのは小さなお子様のいる家庭やアレルギーをお持ちのお客様は気になりますね。
そこで防蟻工法で使用するホウ素(身近なところでは石鹸、化粧品、目薬にも使用)化合物は自然界に存在する無機物でほとんど臭いもなく安全性が高い薬剤に自然系の木質系忌避材と木炭粉末を混合した床下防蟻防腐用の木炭塗料「ヘルスコ・キュアー」をお勧めしています。
「ヘルスコ・キュアー」についてくわしく知りたい方は下記のページをご覧ください。
「ヘルスコ・キュアーとは」

施工事例

イベント情報


家造りで失敗しない人のマメ知識

お見積り・お問合せ

店長のあいさつ

Google+で共有 Facebookで共有 twitterで共有