“広さのバランス”って?!

こんにちは、やっと暖房の要らない気候になりほっとしています中垣です。

さて、今回の(やらかしちゃった)シリーズはプランを考えるにあたっての部屋の広さでの失敗例、 広すぎても後悔、狭すぎても不便…バランスの難しさのお話をさせて頂きますね。

では、どんな(やらかしちゃた)があるのかを見てみましょう。

  • 広いリビングに憧れ玄関は通過するだけと割り切って狭くして失敗。
  • 天井いっぱいに付けた収納のせいで圧迫感で凄い。
  • リビングに畳コーナーを設けて広々に!でも、広すぎて冷暖房効果が悪く、それなら一層収納を増やせば良かった
  • 広さを重視して玄関の収納スペースを削ったのが失敗、結局ゴルフバック等が玄関に出しっ放し
  • 和室が4.5 畳と狭すぎて来客が2人以上だとかなりキツイ。あまり、使い道がなくその内、物置になりそう。せめて、6 畳あると人も呼べたのに…
  • 寝るだけだからと思い狭くてもいいやと思い7 畳にしたのが失敗。テレビと棚を置いたらダブルベットがキツキツ。
  • 子供室は細長い形なので枕が南向きしか置けなくてベットの配置が不便。配置も考えておくべきだった。
  • 脱衣場が狭く定員は1人。室内物干しに洗濯物を脱衣場に居場所がなくなる。しかも、家事動線の為出入口を増やした為収納も取れなくなった。
  • トイレが子供には広過ぎたのかも?横幅が広いのはいいけど子供が座ったままでトイレットペーパーに手が届かない。

この様なお話を聞くとプランっていかに大切かとわかって頂けたと思いますが、そうならない為に弊社では見学会を常時開催させて頂いておりますので是非ご利用頂ければ有難いと思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です