ログイン
HOME  » HPで見る構造見学!!

HPで見る構造見学!!

HPで見る構造見学!!

HPで見る構造見学をクリックされて、いきなり更地の写真がでてきて驚かれた方も多いのではないでしょうか?。本当に大切なのは建物だけでなく、実は地耐力の両方とも大事なんです!!
これは更地の写真になります。ここから色々な工程を経て家が建ちます。
まず、地盤改良が必要かどうかを地盤調査会社に依頼して調査をします。
地盤改良が必要な場合は土地を改良して地震に強い地盤に造りかえます。

地盤改良機で地盤を改良していきます。

弊社では地盤調査会社と地盤改良工事会社を別の会社に依頼します。

あまり知られていませんが 同じ会社に依頼すると地盤を”過剰に改良”されたり
信憑性のない見積もりが上がってきたりということが問題になっていました。

そういうことが起きると負担がすべてお客様にいってしまうので、弊社では
別々の会社にお願いしております。
地盤を改良した後の写真になります。

コンクリートの強度が上がるまでの養生期間に雨がたまったりしないように
一旦平らにならします。
基礎工事
砕石 t=20(転圧)
基礎工事の砕石とは?
基礎下には、砕石を敷きます。砕石を敷く目的は、地盤改良をした地盤面の安定化(沈下しないこと)の為に敷いています。
 
転圧した後には、防湿シートを敷きます。防湿シートは、基礎の底盤部分を覆うように敷いていきます。これは、地面からあがる湿気を防ぐためのものですので、隙間が出来たり破れ(欠損)箇所ができないようにしていきます。何枚もの防湿シートを使用するので、シートとシートを重ねて敷いていきます。
基礎(捨てコンクリート)
防湿シートを敷いた上に捨てコンクリートを打設します。
通常、l捨てコンクリートは、根切りの底の部分にミキサー車が来て打設していきます。捨てコンクリートの主たる目的は墨出しの為です。墨出しとは工事中に必要な線や位置などを表示する作業になります。

ここまでが地業工事になります。
 
HP制作中。
近日公開!!お楽しみに

Google+で共有 Facebookで共有 twitterで共有