住宅ローン/つなぎ融資

住宅ローンを利用する場合、金融機関の正式な融資が実行されるのは建物が完成した後です。

そのため融資が実行される前に、まとまった支払いが必要で、自己資金ではカバーできない場合、別の借入れをする必要があります。
この一時的な融資を「つなぎ融資」と言います。
正式に住宅ローンの融資をしてもらうまでの間、「別の融資でつないでおく」という意味合いのようです。

ポイント:住宅ローン融資実行時につなぎ融資を清算するので、いつ住宅ローン融資が実行されるかのタイミングを確認しておくことも大事。

 

「つなぎ融資」を利用する場合の流れ

  1. まず、つなぎ融資で建築会社に支払う。
  2. 住宅の完成後、自分の名前で登記を済ませ、その住宅を担保に住宅ローンを組む。
  3. 融資が実行されたら、つなぎ融資を返済する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です